二人目不妊あきらめないで!原因を知りましょう。

二人目不妊の原因と対策|2人目不妊克服した方法とは?

二人目不妊、不安になってしまうとこころと体によくないので心にゆとりを

不妊治療はつらいのは孤独

読了までの目安時間:約 2分

現在、10組に1組は不妊症といわれています。

不妊治療中は、出口の見えないトンネルのようなもの。成果が出るまでは肉体的、精神的負担が大きくなり、

かえって赤ちゃんが出来にくくなる「不妊治療不妊」という現象にもなりかねません。

多くの人が辛苦する不妊治療とはどういうものなのでしょうか?また、不妊治療の何が辛いのでしょうか?

「不妊治療は孤独」と多くの女性が感じているようです。

二人目不妊もおなじでしょう。

その思いは、期間が長くなれば長くなるほど強くなり、ストレスでうつ気味になってしまう方もいます。

●生理が来るたびに「またダメだった」と落ち込む

●周囲の何気ない発言に傷つく

●夫との関係が微妙になる

●仕事との両立が難しい

●通院が頻繁になると、職場の人に理解してもらうのが難しい

●採血、内診、採卵や検査時の痛みなど、肉体的な負担

●薬の副作用がつらい

●金銭的な負担が大きい

●不妊治療のやめ時の見極めが難しい

・・・など「肉体的」「精神的」「経済的」な辛さが伴います。

今まで何とも思わなかった、毎月当たり前に来る生理に絶望して号泣したり、

愛情確認の性行為が、子づくりだけのものになってしまって夫との関係がギクシャクしたり・・・。

友人、知人の妊娠報告を受けると、ストレスになることも多いようです。

頑張ったことが報われないことが一番つらく、自分を責めてしまって孤独を感じてしまう女性が多いようです。

治療で行う「筋肉注射」と「皮下注射」のはどちらがいい?

読了までの目安時間:約 2分

現在、10組に1組は不妊症といわれています。

不妊治療は一般的に、タイミング法からステップアップしていきますが、

不妊治療で行われる「筋肉注射」と「皮下注射」の効果について検証してみましょう。

まず、不妊治療で使用される筋肉注射にはいろいろなものがあります。

 ●持続性卵胞ホルモン製剤・・・子宮内膜を厚くし、黄体期くらいに体温を高め、受精卵の着床を促します。

 ●下垂体性性刺激ホルモン剤・・・卵巣を刺激して、卵胞の発育と排卵を促します。

 ●黄体ホルモン製剤・・・子宮内膜を厚くして、受精卵が着床できるように促します。

 ●胎盤性性線刺激ホルモン剤・・・卵巣を刺激し、成熟卵の排出を助け、排卵を促します。

次に、不妊治療で行われる皮下注射は

 ●卵胞成熟ホルモン製剤・・・卵巣を刺激して、卵胞の発育と排卵を促します。

 ●フォリスチム・・・卵子を育てる効果が期待できます。

筋肉注射は、腕かお尻にします。皮下注射よりも吸収が早いのが特徴ですが、痛みが強いといわれています。

打つときだけではなく、打ったあとにも痛みが起こる場合もあるので、筋肉注射を打った部位を

よく揉む必要があります。皮下注射の場合は、その必要はありません。

注射の場合は飲み薬よりも効果が高いので期待も大きいですが、多児妊娠や卵巣過剰刺激症候群といった

副作用のリスクも高くなります。使用する際は、十分に理解した上で行いましょう。

不妊治療の血液検査で分かることとは?

読了までの目安時間:約 2分

避妊をせずに性行為をすれば、100%に近く妊娠すると思いがちですが、10組に1組は不妊症と診断されています。

健康な男女が避妊をせずに定期的に性行為を行い、2年間妊娠しなかった場合はその可能性が高いので、

「不妊かも?」と思ったら、まずは産婦人科を受診してみましょう。

不妊治療での血液検査では、不妊の原因やホルモンを調べることができます。

①ホルモン検査・・・卵巣の働き、卵子の発育に関するホルモンが正常に分泌されているかどうかを調べます。

  ●エストロゲン(卵胞ホルモン)・・・子宮内膜を厚くします。

  ●ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)・・・LHとFSHに分けられます。月経周期で数値が変動します。

  ●LH(黄体化ホルモン)・・・成熟した卵胞からの排卵を促します。

  ●FSH(卵胞刺激ホルモン)・・・卵胞を刺激して発育を促します。

  ●PRL(プロラクチン)・・・授乳期に分泌されるホルモンです。

②クラミジア検査・・・感染すると、卵管炎を引き起こす原因になります。自覚症状がないため、不妊治療の

  血液検査に含まれています。

③貧血・・・女性に多い貧血は不妊の原因の一つになっていることがあります。

④風疹抗体・・・妊娠初期にかかると胎児に難聴などの影響があるといわれています。

⑤AMH(アンチミューラー管ホルモン)・・・卵子の発育に関係するホルモンです。

これらの検査結果をもとに、治療法を選びますが、女性のホルモン値は生理周期によって変動します。

生理開始後3日目が一番正確とされていますが、一般的には2~5日目に行います。

妊活情報
妊活サプリ人気NO1